トコトコブログ

tokotokoya.exblog.jp

扇橋閘門

c0202706_2243356.jpg

今回の絵を描いた場所
橋の向こうの赤い門の事

扇橋閘門は、江東三角地帯を東西に流れる小名木川(おなぎがわ)のほぼ中央に位 置しています。 水位が異なる河川を通航可能にした”ミニパナマ運河”と言える施設で、2つの水門 (前扉及び後扉)に挟まれた閘室(こうしつ)と呼ばれる水路の水位を人工的に変動させ ることにより、船の通航を可能にします。 この扇橋閘門は、昭和47(1972)年1月の着工から、約5年の歳月と約30億円の事 業費をもって昭和52(1977)年に完成しました。
by tokotokoyuji | 2013-11-02 10:41 | | Comments(0)